満員の札幌ドーム


バレンタインデーの昨日

羽田上空は一日中 青空が広がっていました。

ふたりが待つ札幌の玄関口・新千歳空港は 

無情にも雪が降り続く一日。















道内の方はもちろん

全国各地からバレンタインデーライブを

指折り数えて楽しみにしていたのに。














わたしもチャミペンさんの女神ちゃんと

女神ちゃんのお友達と3人で

この日を楽しみに羽田へ集合していました。















数日前からお天気が心配で心配で…

それでも当日よりも悪天候だったと思われる前日に

ほぼ全便運航されていたので

きっと今日も大丈夫!と気持ちを盛り上げていました。














札幌行き便の搭乗ロビーは

ライブグッズを身につけたビギ達でいっぱいです。

トンの事となると子どもの様に素直にわくわくとし、

乙女のようにドキドキとするビギ達ですが

この日は不安と高揚感が入り混じった

なんとも言えない空気に包まれていました。















搭乗時間が近づく中、

出発時間が1時間遅れるとのアナウンス。

それから1時間後…

そろそろ搭乗案内が流れるかな?と思った矢先














「当便は欠航となりました」















搭乗ロビーに響く悲鳴

一瞬、動けなくなるビギたち

追い打ちをかけるようにアナウンスが続く















「本日、AIR DO全ての札幌行きが欠航となりました」

















そんな…
















呆然とする人

スマホをすばやく操作する人

係の人に必死に尋ねる人

電話で誰かと泣きながら話す人

他の航空会社カウンターへ駆けて行く人

カタコトの英語で状況を尋ねているアジア系の女の子たち。















大勢の人たちが一斉にそれぞれの行動をとりだす…

みんながみんな今にも泣き出しそうなのに

必死に耐えている…

心を強くもっていないと

「絶望」にのみ込まれてしまいそうになる。














すぐに打つ手を考えなくちゃいけないのに

頭の中が真っ白になる。

こんな時こそ冷静にならなきゃいけないのに

心臓をぎゅうっと掴まれたようになる。















どうしたらいいの…

















わたし一人ではすぐに動けなかったかもしれない

友だちがいてくれて本当によかった

3人で「最後まで諦めちゃダメ!」と勇気づけ合い

まずは他社のカウンターへ向かおうと走り出しました。

















札幌がダメなら旭川は?函館は?

女満別ってどこ?

JALは?ANAは?

あらゆる行き方を模索して

第1ターミナルと第2ターミナルを行ったり来たり。
















一泊分の荷物を持ったまま

走り回るのは結構しんどい。

私も女神ちゃん達のように

荷物を宿泊先へ送っておくべきだった。















ふたりに少し遅れをとって走っていた時

同じように息を切らしながら走っている女性と目が合いました。

考えるよりも先に思わず言葉が出てきました。













「諦めずに頑張りましょう!」

「ええ、頑張りましょう!」















見ず知らずの者同士が交わした

ほんの一瞬の出来事でしたが

あたたかなものが胸いっぱいに広がり

大人げないけれど涙ぐみながら

ふたりの背中を必死に追いかけて走りました。















あらゆる手を尽くしました。

考えられる限りの行き方を模索しました。

それでも何も状況は変わらず

エアチケットは手に入らず

欠航すると言っていた便が

少しずつ【搭乗準備中】に変わっていくのを見て

気ばかりが焦っていって。















時間だけが刻々を過ぎていく。

このままじゃ間に合わない…

天を仰いだら

羽田空港の狭い天窓から

朝見たときと同じ真っ青な青空が見えました。















ここはこんなにも晴れているのに…

青空を見て泣きそうになったのは

祖母の葬儀以来です。













少し気持ちを落ち着けて 

空港内を見渡しました。

朝からずっとここで祈るように手を尽くしているビギたち。

神戸から札幌へ向かう途中、

羽田で降ろされてしまった方々もいました。

札幌へ行きたい!ひとめでもいいから二人に会いたい!

その思いに一生懸命に

対応してくださっている各航空会社の方たち。
















誰が悪いわけでもない

雪が悪いわけでもない

運がいいとか悪いとかでもない














だからこそ、この気持ちを

誰にも何処にも向けることができない。

誰ひとり大声を出す人も

誰かをなじる人もいませんでした。
















張り裂けるような気持ちの中

ただじっと涙をがまんして

ただじっと耐えている

友だちやビギたちの姿を見て

辛くて悲しくて

叫び出したい気持ちさえまた

我慢するしかなくて。
















夕方、私たちが羽田空港を後にする時

まだ残っているビギたちは少なくありませんでした。

今から搭乗してもライブは終わっている時間です。

それでも札幌へ向かう人もいるのかもしれません。

もう無理だと分っていても、なかなか羽田から離れられないのかもしれません。














バッグにしまったままの赤いペンラ。

札幌に灯せなかった赤い光を「ごめんなさい」と

友だちが泣いて謝っていました。













この日、行けなかったビギみんな同じ気持ちだったと思います。

「行けなくてごめんね。空席つくってごめんね。」















なんとか辿り着いた方

残り30分でも辿り着いた方

アンコールに間に合った方

少しずつ到着してくるビギ達の姿は

ふたりにも見えていたと思います。















ひとつふたつと空席が埋まっていく。

どんなに時間が経っても駆けつける人が途切れない

この日の札幌ライブ。

来れない人たちの分も!と

精一杯応援してくれた参戦ビギたち。

全てのビギたちの想いはふたりにしっかり届いていたと思います。















そして最後の最後まで埋まらなかった空席。













ふたりにはその空席にいるはずだった

ビギの姿がわかってくれたんじゃないかな。

ふたりの目には満員のビギで埋め尽くされた

札幌ドームが見えたんじゃないかな。
















ライブ開始から力いっぱい声援を送るビギ。

どんなに遅れても駆けつけたビギ。

どんなに行きたくても行かれなかったビギ。

どうか皆が辿り着けるようにと祈ってくれていたお留守番ビギ。

みんなの想いと姿がふたりに届いてくれてればいいな。















「みんなは俺の自慢だ」
20140810212732a3b_201502151717261ee.png
そう、みんな。きっと届いていたよね…ユノ。

 
読んでくださってありがとうござます
またお会いできますように

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2015/02/15 20:56
紫雲しゃん

紫雲しゃんはあの喧騒の真っ只中にいたんだね。

私はずっとツイッターに流れるビギさんたちの状況を泣きながら見てました。

ちょっとでも力になれたらと、千歳以外の空港は開いてるからそこに向かって!とか、北海道のビギさんが、千歳以外の空港から札幌ドームへ行く方法を流してくれるのをRTしたり、『とーほーしんき』コールを流したり…
他は祈ることしかできなかったから

会場のスタッフさんも、チケット持った友だちが来られなくて入れない人はチケットの写真で入れてくれたり、キャリーバッグ持ったまま入らせてくれたんだってね。

ユノさんたちもスタッフさんたちも、諦めないで必死でドームに向かってるビギさんたちがひとりでも間に合うように、アンコール始めるまでの時間をいつもより長く取ってくれたんだってね。

今日もTL見ては泣いてて、トドメが紫雲しゃんのこの記事だったよ。

ダメだ、また泣けてきた
  • 2015/02/16 00:29
  • まりユノ
  • URL
Re: 鍵コメ*****様(ひらがな5文字)
*****さん、こんにちはです( ; ; )

そうなんです、わたしあの時羽田に居たんです。

お天気のことですから仕方ないです( ; ; )
去年のSMTの台風も、皆さん大変だったし( ; ; )

今回のことで東方神起にかかわる全ての方たちの
あたたかい気持ちが本当に伝わってきました。
渦中にいた時もそうですが、離れてからブログなどにアップされているツイレポを見て涙が止まらなかったです。

あの日、ビギたちは誰も我先に!とか
人を押し退けてでも!とかいう人はいませんでした。
もちろん自分が行きたい気持ちはあるし
エアチケットが手に入ったひとが羨ましかったけれど
それ以上に、とにかく頑張って行ける人からどんどん行ってほしい!
一人でも多く札幌へ!と皆んな思っていたんじゃないかな( ; ; )

ツイやブログで励ましてくれた方
*****さんのように気にかけてくださっていた方、
一生懸命対応してくださった航空会社の方、
ツアースタッフの方、
みんな皆んなが「僕の自慢」なんですよね( ; ; )

ライブには参戦できなかったけれど
一生思い出に残るライブになりましたヽ(;▽;)ノ

そして*****さんに名古屋でお会いできるねが楽しみです(((o(*゚▽゚*)o)))
お席までお伺いしますので、詳しい席番を教えてください(o^^o)
  • 2015/02/16 12:45
  • 紫雲
  • URL
Re: まりユノ様
まりしゃーん.・゚・(ノд`)゚・.

うん(T-T)あの渦中に紫雲いたの。

まさか、こんな事になるとは思わなかったよぉ。
お天気ばっかりはどうにもならないね。

いろいろツイってくれてありがとね(´;ω;`)
女神ちゃんがずっとツイやブログで情報を集めていたから
その中にまりしゃんのもあったかもしれない。

いっぱいいっぱい励ましてもらったよ。
ホントにありがとね(´;ω;`)

参戦は出来なかったけれど
一生思い出に残るライブになったよ(*'-'*)

ビギのみんなも
航空会社の方も
スタッフの方も
みんなみんなに感謝です。
  • 2015/02/16 22:20
  • 紫雲
  • URL
紫雲さん、あの日行けなかったんですネ(>_<)
お心お察し致します。+゚(゚´Д`゚)゚+。
私はあの日、Twitter情報追いかけて
ビギの結束力を見て泣いてた一人です
心だけは、札幌ドームへ飛んで行ってました(^-^*)
私は最近は,パソコンも見ないでいたけど
昨夜は久しぶりに
仙台空港の件でひらきました(´`:)
でも辛いことになってしまった( ̄。 ̄;)
温かいコメント本当にありがとうございました(^.^)


  • 2015/02/17 15:18
  • ゆの丸
  • URL
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2015/02/17 23:01
Re: ゆの丸様
ゆの丸さん、こんばんは(o^ω^o)
ゆの丸さんにお越し頂いて嬉しいです♪

そうなんです、あの日行けなかった組にわたくし入っておりました(T-T)
とてもとても切なかったですが、沢山の方の優しさが滲みました。
辛さよりも温かさの方が大きかったから何だかんだ良い思い出になりました(*´∀`*)

仙台の件ではツライ思いをされてしまいましたね(´;ω;`)
ゆの丸さんのビギへの優しいお気持ちと果敢にも飛び込まれた事を知ったら
仙台ビギの皆さん泣いてしまうかもしれません。

リアルな生活でも、ネット上でも、どんな世界を作るかはその人次第なんだな〜と
改めて思いました。

私はゆの丸さんの発するお言葉やブログから溢れる優しさと
言う時はきちんと仰る凛とした世界に憧れています(〃∇〃)
  • 2015/02/19 00:11
  • 紫雲
  • URL
Re: 鍵コメ****様(カタカナ4文字)
****さん、こんばんは(o^ω^o)

こちらへコメントを頂いてからお返事をするまで
6日も経ってしまいゴメンナサイ(´;ω;`)

びっくりされましたか?
私も札幌コンがこんなことになろうとはビックリしました。

今回のことでライブに行けるというのは、本当に沢山の条件が揃って
はじめて無事に参戦ができるんだと考えさせられました。

改めて有り難いことだなと深く感謝しました。


そして****さんのコメを読んでもっとビックリ!

福岡2日目3日目、行けなくなっちゃったんですか?
しかもP席って……どうしたんですか?
なにか緊急のことでも起きたのでしょうか。
ご家族とか…お身内とか…。
****さん、大丈夫でしょうか?

****さんのWITHコンは初日が最初で最後だったんですね。

それなのに****さんのライブの感想が、とても幸せそうで
とても楽しそうで、たくさん感謝の気持ちがこもっていて…。

なんだか私が泣きそうになりました。

たった一回のライブでこんなにユノを見つめて、ユノを感じて
全身でユノ大好きって想っていらっしゃる****さんをユノに教えてあげたい!

ユノが知ったらきっと、ぎゅうっと抱きしめたくなるだろうなぁ(〃∇〃)

  • 2015/02/23 22:24
  • 紫雲
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)