あなたと再会した2013

  • Day:2013.12.31 21:00
  • Cat:ユノ
こんばんは
紫雲です
o0800053312794588281.jpg
されるがままのユノ…………好きです
挨拶している時や、MCの時など
左右に落ち着きなくユサユサ動いている人が
されるがままにジッとしている姿………………たまりません
ドサクサにまぎれて、いろんなことしたくなります





わたしはこんなに愛らしい27歳児が世の中にいることを
今年の5月31日 ユノと《再会》するまで知りませんでした。
(なんともったいない人生)





ユノとの出会いは2009年3月《しゃべくり007》で初めて知りました。
でも、その時の印象はこんなにお茶目な人ではなく
笑っていても、歌っていても、踊っていても、
どこか《孤独感》が漂っている人。
そんな印象でした。
このユノとの出会いは、いつか書きたいと思います。





ひょんなことからユノと運命の再会をしたのがこちら
o0631035212204654548.png
Catch Me のPVユノ♡
出会ったときは《少年以上、青年未満》だったユノが
すっかり《大人の男性》になっていて撃堕ち♡
それからはユノバカ道まっしぐらです♪






ユノにとって今年はどんな一年でしたか?

たくさん笑えましたか?
涙が出るほど笑いましたか?
無理して笑った日はありませんでしたか?

悔しかったことはありましたか?
果たせなかったことはありましたか?

眠れない夜はありましたか?
なにも考えずに眠れた夜はありましたか?

真っ青な青空を何回見ましたか?
夜空に輝く星を何回見ましたか?

大切な人たちと何回ハグできましたか?
あたたかな気持ちに包まれましたか?
大好きな気持ちを伝えられましたか?

わたしたちの愛は伝わりましたか?







あなたに堕ちてから、たったの17日であなたと会えた
東京ドーム オーラス公演
57915.jpg
生まれて初めての東方神起LIVE
この時の感動は過去記事Bigeastになれた幸せに書かせていただきました。







《TIME TOUR》と平行して行われていた《Catch Me World Tour》
o0700095012711410670.jpg
o0500075012711409665.jpg
L.Aでもチリでもたくさんのファンを熱狂させていましたね。


とくに初公演チリでのハニバニ♡への歓声はすごかった!
o0800120012618345676.png
歓声というより絶叫!!
ツベで見たときユノの歌声が聞こえなかったもん
それだけチリ☆女子を熱狂させたってことですよね!
さすがハニバニ♡ さすがユノ♡





同じく初公演になるはずだったペルー公演の中止は残念でした。
でもね、きっといつかペルーのファンの人たちにも必ず会えるよユノ。





その後の上海公演でのアクシデントには心臓が止まりました
13yn-0119-18catcheme-hongkong-e-6-1.jpg
第一報で「ユノが上海公演中ケガした」と知ったとき
頭が真っ白になっちゃって、どうしたらいいのかわからず
しばらくPCの前でウロウロするばかりでした。


とにかく詳しい情報を……と思い
《ユノ 上海 ケガ》でぐぐってみようと思いキーボードを叩くと
たった二文字の《ユノ》が打てない。
えっと、えっと、ユノ、ユノ、ユノってどう打つの?ねぇどう打つんだっけ?
ユノ…………


こんなにも自分が動揺してる、ユノのことでこんなにも。
そのことに驚きつつ、とにかく無事でありますようにと祈るしかなかったあの時を思い出します。


徐々に情報があがってきましたが
o0480064012616857868.png
ケガの心配は払拭しきれず、
またユノの胸中を思うと胸が締め付けられる思いでした。


しかし、このアクシデントでくっきりと浮かび上がった
ユノの徹底したプロフェッショナルな姿勢
一本になったワイヤーで体勢が崩れても、なんとかバランスをとり
ポーズをとり続けるユノ。
《東方神起のリーダー》とはこういうことなのかとハッとしました。


また、誰も入れない入ることが出来ないふたりの信頼関係
o0480064012616891365.png
ともにステージに立つ者同士でしかわかり合えない孤独
o0440065812616863161.png
そこに立つ者同士でしか助け合えないステージの厳しさ

だからこそ心強い仲間という存在
13yn-0119-18catcheme-hongkong-l-34-1.jpg
13yn-0119-18catcheme-hongkong-l-18.jpg
チャンミンの存在の大きさ


思っていた通りのパフォーマンスは出来なかったかもしれないけれど
あの時できた100%の力を出し切って
あの時できる100%のパフォーマンスを見せ
o0800046612634004053.jpg
ふたりで支え合って大成功させた上海公演だったと思います。





その後、ファンの心配を知ってユノがあげてくれたメッセージ
images_20131231064042d9f.jpeg
スタッフに気遣い、ファンに気遣うユノの
大きさと深さに初めて触れ涙しました。
これ以上あれこれ心配するのはよそう。
《東方神起のリーダー ユノ》が大丈夫と言うのなら大丈夫だ!
ユノを信じるとはこういう事かと教わりました。





夏も真っ盛りの8月17、18日
ついにやってきました日産スタジアムLIVE!
13tvxq-081718-nissan-x-1-1.jpg
何度見てもスゴイですね、この映像

L.A公演の時に失敗して以来、封印していた《ユノタイム》
サマドリが流れた時は「来たっ!」と思いドキドキしました。
「大丈夫、大丈夫。絶対成功する!」そう祈りながら見ていたサマドリ。
ユノタイム直前に十字をきるユノを見て思わず目を瞑ってしまいました
1ef85baca0f5a175f66824ce65c1ef59_tYiM7Miy2qpP_20131231200218bcc.jpg
見事成功したときは、やったーーーーーー!!
o0800080012764053701_convert_20131206080658_201312311736084b1.jpg
まさにみんなこんな気分! 抱きつきたくなるくらいみんな嬉しかったですね!






a-nationも圧倒的なレッドオーシャンで埋め尽くし
暑く熱い夏も終わりました。







その後はちょっと抜け殻状態になりましたが
ユノが嬉しい賞を受賞しましたよね。
SDAネチズン賞受賞!
o0454030912673863151.jpg
o0454030912673863036.jpg
真っ白い光に包まれて天使の様なユノ♡
いいなぁトロフィー、ユノにチューされていいなぁ♡


ハードスケジュールの中での撮影で3日寝ないときもあったとか。
それでもドラマ《野王》にかけるユノの本気と努力が評価されて本当によかった。






また、この直後は故郷に錦を飾ったユノ
o0778081512674673634.jpg
84f460a5gw1e8coqof6b4j21kw11xqaz.jpg
ビエンナーレユノの品格と美しさといったらため息がでるばかりです。
わたしのフォトファルダーの中でも、このときのサジン枚数ハンパないです


ユノはどこにいても、誰といても周りの人たちを笑顔にさせちゃうんですよね♪
o0778051912674671954.jpg
やっぱり《天使》なのかな♪








また5年ぶり!?のファンイベントをソウルで開催できたのよね
f0125518_525042be457e1.jpg
ユノもカシオペアのみんなも嬉しかっただろうなー♡

日本でもファンイベントしてくれましたね。
o0593039612759061870.jpg
初めて《生ユノシェフ》を見て、あやうく萌え死にしそうになりました







ユノらしいお仕事もありました
20131208-07.jpg
20131208-11.jpg
y131207-3.jpg
子供たちと触れ、子供たちの手をしっかり握り
子供たちに「愛されているんだよ」と伝えてきたユノ

私たちにもたくさん考えさせてくれました。
一時の風潮に終わらせず、ユノが伝えてくれたことを
これからも考え行動していきたいな。






一年一年、積み重ねて迎えた10周年LIVE
img_192977_10645102_0.jpeg



まだ少年だったふたりが
images_201312312040585a8.jpeg
images_201312312043093c4.jpeg
images_20131231204308f00.jpeg
大人になる10年という歳月
o0800053312794663203.jpg


ふたりで共に歩んできた10年
img_192977_10645102_19.jpeg




わたしは今年ふたりと出会ったばかりだけれど
この先の10年を共に歩ませてください。
0B5NVYYAhDXGXN1c5ekNSbDBlNU0_201312312051063f5.jpeg
ずっとあなたを赤い光で包ませてください。






来年もよい年でありますように
11yn-03vogue-40-2.png
あなたと皆さんが笑顔でありますように。







勢いでブログを始めて1ヶ月とちょっと。
新米で浅〜い歴史しかしらないトンペンユノバカブログへ来てくださり
本当にありがとうございます。
拍手をいただけたり、時には過去記事まで遡って拍手ポチをしてくださったりと
本当にありがたいことです。
またわざわざコメントまでいただけ、トンペン仲間と交流がもてて
嬉しくて嬉しくて胸いっぱいになります。

来年もきっと変わらずユノバカかと思いますが
トンへの愛を綴り続けたいと思います。
皆様にとって最高の年となりますように。
良いお年をお迎えください。
紫雲










読んでくださってありがとうござます
またお会いできますように

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)